地域の中学校の工場見学をお受けしました

みなさん、こんにちは。

薄衣電解工業web管理者です。

お陰様で、ここしばらく、各方面の皆様からのご依頼もあり、工場見学をお受けする機会が増えてきました。

さる9月1日には、地域の中学1年生30名ほどの皆様による工場見学をお受けしましたので、紹介させていただきます。

まずは、弊社工場長より、イントロダクションとして「めっき」そのものの説明、及び北上工場の紹介を行いました。

このころは、生徒の皆さんも、真面目にフムフムといった調子で、おとなしく聞いています。

そして工場見学のハイライト、めっきの実演です!

実際に3名ほどの生徒様に、ニッケルめっきをしてもらいました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、前処理を行った上で、銅板を緑色の液(ニッケルめっき液)に入れ、通電してから出すと、写真のような銀白色に仕上がります。

めっき液周辺を拡大しました。

私どもとしては、ごく当たり前の光景なのですが、めっきを初めてみる中学1年生にとっては、衝撃的だったようです。

「どうして茶色いものが、緑色の液から出てくると、灰色になるの????」といった感じでしょうか。

1人目の実演者募集の際には若干引っ込み思案だった生徒たちも、2人目からはわれ先にと積極的に手を挙げてくれました。

写真でお見せできないのが残念ですが、ドキドキするのでしょうか手を口に合わせていたり、見学の姿勢が前のめりになっていたり、生徒の皆さんの真っ直ぐで素直な姿勢に、私どもも感激させていただきました。

めっきの実演の後は工場見学です。

私どもがめっきする製品が、どういった分野に使われているか、実例等を交えながら説明させていただきました。

直前のめっきの余韻が残っているのでしょうか、ここでも生徒の皆さんの真剣な眼差しが大変印象的でした。

約2時間と限られた時間での工場見学でしたが、生徒の皆様にとって少しでも実りあるものとなれば、私どもにとっても本当にうれしい限りです。

ひょっとしたら、何年か先、今回の生徒の皆様の中から、どこかで仕事をご一緒させていただく機会があるかもしれませんね。

中学生の皆様による工場見学は私どもも初めての経験でした。普段の会社同士の工場見学でもなく、また大人向けとも異なり、色々と配慮が至らないところもあったかもしれません。

そう考えると、今回の工場見学で勉強させていただいたのは、むしろ私どもの方でした。

地域の中学1年生の皆様、工場見学にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。

WordPress Themes