• TOP
  • 取扱製品
  • 薄衣電解工業の特色
  • 試作・技術開発
  • 品質保証・環境保全
  • 会社案内
  • お問合わせ

フープめっき

TOP > 取扱製品 > フープめっき

フープめっき

組立工程の自動化・生産効率の向上と品質の安定に寄与するフープめっき

概略

接点部品、シェルなどの微小電子部品の量産化と生産自動化のニーズから、長尺帯状のフープ材やコイル材に連続してめっきするリールツーリール(フープ)めっきが活躍しています。

弊社では、プレス後のフープ材へのめっきに加え、線材へのめっき加工にも対応しております。

フープめっき 薄衣電解工業

▲ページトップに戻る

弊社の特徴

  • ・ 省金化に寄与する部分金めっきに対応:
  • 弊社では、液面制御方式による金めっきに対応しており、不要な部分への金めっき処理を極力減らすことにより、近年高騰している金の使用量を低減し、コストダウンを図っております。
  • ・ 異形材・センターキャリア品の生産が可能:
  • 給電・駆動方式の工夫により、立体形状の製品や、異形材、センターキャリア品の生産が可能となっております。
  • ・ 画像検査装置の導入による流出防止:
  • フープめっきライン終端部には画像検査装置を備え、変形やめっきエリア異常を確認することにより、不具合品の流出防止を図っております。
  • ・ 各種環境規制への対応:
  • RoHSに代表される各種環境規制にも対応しております。また、めっき被膜の分析を定期的に行い、規制対象物質が閾値未満であることを確認すると共に、お客様のご要望に応じてICPデータとして提供しております。

設備加工能力:めっき設備

設備名称 フープめっき1号機 フープめっき1号機
めっき種類 Sn(全面)
材料幅(高さ) 最大 50.0mm
材料幅(曲げ高さ) 最大  4.0mm
ラインスピード 1.0~7.0m/min
搬送方法 ローラー方式/SUS材
対応素材 伸銅材/鉄材
対応膜厚 ~15.0μm
設備名称 フープめっき2号機
打抜き材用
フープめっき2号機
めっき種類 Au(部分)/光沢Sn
材料幅(高さ) 最大 50.0mm
材料幅(曲げ高さ) 最大  4.0mm
ラインスピード 1.0~7.0m/min
搬送方法 ローラー方式/ベルト方式
対応素材 伸銅材/鉄材/SUS材
対応膜厚 0.02~2.0μm
設備名称 フープめっき2号機
線材用
フープめっき2号機
めっき種類 Au
材料幅(高さ) φ0.08~φ1.0mm
ラインスピード 1.0~7.0m/min
搬送方法 ローラー方式
対応素材 伸銅材/鉄材/SUS材
対応膜厚 0.05~2.0μm

▲ページトップに戻る