株式会社薄衣電解工業

めっき技能士

個々のスキルアップ・技術の伝承を進めておりますImprove skills and pass on individual skills.

めっきは、「特殊工程」と呼ばれ、めっき処理後の目視での良否判定が難しいという特徴があります。

(実装・組立等、その製品が使用される段階になり、初めて製品の良否が判定できます。)

そのため、特殊工程においては、認定作業者による作業、作業条件や作業者のエビデンスの確保等、工程のプロセスが適切に行われたことをもって、品質保証することが求められます。

めっきの品質管理においては、作業者の技術・技能の重要性が高く、その一定の証としての「めっき技能士」のニーズは非常に高いものとなっております。

当社では、製造部門、技術部門に加え、品質保証・営業部門でも積極的にめっき技能士の取得を進め、個々のスキルアップ・技術の伝承を進めております。
こうした取り組みの成果もあり、めっき技能士の有資格者が全従業員の半数を超え、約55%の取得率となっております。

また、北上工場において、めっき技能検定3級の実技試験を実施しており、社外企業様からの受検にも対応しております。将来的には、1・2級の実技試験にも対応すべく、準備を進めているところです。

 

 

資格取得者(2020年3月現在)

1級(上級技能者) 18名(男性17名、女性1名)
2級(中級技能者) 19名(男性16名、女性3名)
3級(初級技能者) 2名(男性 1名、女性1名)
物づくりマイスター 2名
現代の名工 1名


 

▲上に戻る