株式会社薄衣電解工業

ISO9001による品質保証

品質保証・環境方針

品質方針Quality policy

我々は『カストマー・ファースト(Customer First)』を経営の最重要課題とし、高い品質の製品造りにより、お客様との信頼関係の構築を目指します。

また品質活動を通じて、社会への一層の貢献に努める事も踏まえて、下記の事項を品質方針として定めます。

 

  1. 当社は、経営方針であるカストマー・ファースト(Customer First)』と連動した戦略的な品質活動を推進する。
  2. 当社は、品質方針を達成する為に品質目標を設定し、品質目標を逹成する為に品質取組計画を策定、実施し、その実施状況を定期的に検証する。
  3. 当社は、お客様からの要求事項を明確にし、対応する。
  4. 当社は、品質マネジメントシステムの構築・維持を図り、継続的次善に努める。
  5. 当社は、この品質方針を文書化し、利用可能な状態とし、維持する。
  6. 当社は、品質方針を全従業員に周知し、全員で取り組む。
  7. 本品質方針は、利害関係者が入手可能なものとする。

制定日   2002年9月30日

改定日   2017年9月22日

見直し日  2020年3月31日

株式会社 薄衣電解工業 北上工場

常務取締役工場長 西谷重夫


 

 

ISO9001品質マネジメントシステムに基づく品質保証Quality assurance based on ISO9001 quality management system

株式会社薄衣電解工業は、1999年3月19日に品質管理・保証に関する国際規格「ISO 9001」認証を取得致しました。

当社の主要プロセス(資源、顧客、購買、製造プロセス)を基本としたISO9001品質マネジメントシステムを確立し、継続的な改善を推進しております。



品質マネジメントシステム(QMS)
1) 適用範囲

事業(製品およびサービス): 各種表面処理

組織(部門): 製造部門、間接部門 *管理組織図に示す組織

サイト(事業所等): 北上工場

2)適用除外 8.3 製品およびサービスの設計・開発当社の適用製品はすべて顧客でその仕様が決定さ れており、当社には設計・開発のプロセスが存在しないため、適用除外とする。
3)適用範囲の公開
(利害関係者の入手方法)

適用範囲については、ホームページ上での公開を行い利害関係者が情報を入手できるようにする

補足)「本社・川崎営業所」は首都圏に存在するが、その業務内容は、

   ① 営業情報は、北上工場・業務課を介して必ず情報が流れること

   ② 財務的管理は北上工場で行っていること

   等から、ISO9001の適用除外には当てはまらない。

 

 

 

品質保証を支える充実した設備Full facilities to support quality assurance

装置名 内容・能力 保有数
蛍光X線膜厚計 めっきの膜厚・組成測定 4台
電磁膜厚計 めっき,低温黒色クロム処理被膜の膜厚測定 2台
高周波膜厚計 アルマイト被膜の測定 1台
工場顕微鏡 製品寸法測定 1台
実体顕微鏡 めっき被膜の外観検査 (10~30倍) 10台
マイクロスコープ めっき被膜の外観・切断面(10~2000倍) 5台
表面粗さ計 めっき被膜の粗さ測定 1台
表面張力測定器 めっき液の表面張力の測定 1台
原子吸光分光光度計 めっき液,排水の組成測定 1台
分光光度計 めっき液,排水の分析 1台
伝導度計 純水伝導度測定 1台
pH計 めっき液,純水のpH測定 3台
電気恒温槽 めっき被膜の耐熱性試験(~1,200℃) 7台
ホット・プレート めっき被膜の耐熱性試験(~300℃) 1台
半田濡性試験器 めっき被膜の半田濡性試験(共晶半田,鉛フリー・・・他) 8台
平衡法試験 ゼロクロスタイム 1台
塩水噴霧試験機 耐蝕性試験装置 1台
PCT装置 高温・多湿・加圧加速試験装置 1台
硬度計 めっき被膜硬さ 1台
プッシュ・プルゲージ 突き上げ・引っ張り強度試験 2台

 

▲上に戻る